太陽光発電に欠かせないパワーコンディショナーの役割

subpage1

エコでクリーンなエネルギーとして太陽光発電が注目されています。
国のエネルギー政策の一環で、設置に対する補助金や安定した売電収入の確保などいろいろな政策の後押しの影響を受け、一般家庭にも短期間に広く取り入れられるようになっていきました。
太陽光発電のシステムの中でパワーコンディショナーは太陽光によって発電した直流電力を、家庭で使用できる交流電力に変換するために必要な装置です。

パワーコンディショナーは大きく分けるとインバーターと系統連係保護装置、さらに絶縁変圧器で構成されています。


インバーター部は太陽光パネルによって発電した直流電力を一般家庭の電気製品で使える交流電力に変換する役割を担う部分です。
インバーターによって電気の周波数を変換し、電力会社と同じ周波数50/60Hzに変換して家庭で使える状態にする役割をします。系統連係保護装置というのは、発電した電力を電力会社との連携の際に必要な制御や保護などを行う部分です。
太陽光発電システムが系統の保安や電力品質を確保するための規定を満たすための設備で、太陽光パネルの能力を引き出すための機能を持つものもあります。

パワーコンディショナーについて知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

絶縁変圧器部は万一システムが故障した際に、太陽電池の直流電力が誤って配電線へ流出するのを防ぐ役割をします。



パワーコンディショナーが直流から交流へと変換する際に発熱による変換ロスが発生し、それを変換効率と呼びます。


現在の所変換効率はおおむね96%〜93%程度と言われています。



パワーコンディショナーの予備知識

subpage2

一般の住宅でも太陽光発電の設備を導入した建物をよく見かけるようになりました。自宅で発電した電気を自宅で使う、しかも発電に際しては二酸化炭素を排出せずに空気を汚す心配もないエコでクリーンな電気エネルギーとして太陽光発電に対する関心が高まっています。...

more

パワーコンディショナーの情報まとめ!

subpage3

パワーコンディショナーの設置場所はどこでも良いというわけではなく、電圧抑制、温度抑制、騒音、寿命などの様々な観点から適している場所を検討しなければなりません。屋内に設置する際に最も重要となるのが設置スペースの確保です。...

more

パワーコンディショナー関係の情報

subpage4

次世代エネルギーの主役とも言える太陽光による発電は、近年では至る所で目にする機会も増え住宅の屋根以外でも、大小様々な土地を利用して太陽光パネルの設置がされています。化石燃料による発電では二酸化炭素の発生によって地球温暖化や環境汚染が問題視されるので、これからは益々重要性が増すシステムです。...

more

ためになるパワーコンディショナー

subpage5

太陽光発電システムのなかのパワーコンディショナーには主に3つの機能があります。家庭用の太陽光発電システムの場合、例えば屋根などに設置された太陽光パネルによって発電された電気は直流なので、家庭で使用できる交流の電気に変換するのがパワーコンディショナーの重要な機能の一つです。...

more